第2章 基本マナー

用件だけを簡潔に伝える

中村君のヒンシュク

新入社員の中村君の楽しみは、取引先のB社に電話を入れること。B社で一番先に電話を取るのY子さんだからというわけです。

一度名刺交換した際に、ひと目でY子さんを気に入ってしまった中村君。ビジネスに公私混同は禁物と思いつつも、他愛のない話しで会話を引き延ばしてしまう毎日です。

ところがある日、いつものように電話に出たY子さんはつれない対応でした。後で聞いたところによると、ムダ話しを上司に注意されたらしいのです。

自分のせいでY子さんに迷惑をかけてしまったことを大いに悔やむ中村君でした。

ビジネス電話で重要なのは、「いかに効率よく用件を済ませられるか」です。

要領を得ない長話を続けて電話をふさぐことは、非効率的なだけではなく、他からかかってくる電話を妨げることにもなるのです。

営業上、世間話が必要なこともありますが、あくまで簡潔さが第一ということを忘れないでください。

第2章 基本マナー

  1. ペンとメモ用紙を用意する
  2. 連絡先を確認する
  3. 確実に伝える
  4. 電話を切るタイミングを意識する
  5. 用件だけを簡潔に伝える