第2章 基本マナー

連絡先を確認する

渡辺さんのあやまち

「○○商事のKさんが、大至急ご連絡くださいとのことです」携帯電話で呼び出したA課長に渡辺さんはそう告げました。

ところが外出先にいるA課長は、K氏の連絡先がわからないと大慌て。運悪く、そのときオフィスにいた同僚や上司も○○商事の電話番号を知りませんでした。

でも相手は「大至急」と言う事なので...。後で課長に怒られることを覚悟しながら、これからは『相手の名前と一緒に必ず電話番号を聞こう』とかたく自分に言い聞かせました。

電話をかけるときに、相手の電話番号を確認するのは当然大切ですが、重要なのはむしろ受けた場合の確認です。

特に取り次ぎ人が不在の場合は、電話番号を確認したかどうかで状況は大きく変わってきます。取り次ぎ人が相手の電話番号を知っているとは限りません。

「××は、○○様のお電話番号を存じ上げておりますでしょうか?」

この一言が、正確さが求められるビジネス電話では必要になります。

第2章 基本マナー

  1. ペンとメモ用紙を用意する
  2. 連絡先を確認する
  3. 確実に伝える
  4. 電話を切るタイミングを意識する
  5. 用件だけを簡潔に伝える