第3章 かけるマナー

途中で切れたらすぐにかけ直す

斉藤さんのリダイヤル

広告会社で働いているに斉藤さんは、代理店のR氏と電話で打ち合わせ中です。ところが先方が保留ボタンを押し間違えたのか、途中で回線が切れてしまいました。

相手の会社は交換台を通してからの通話になるため、かけ直すのが面倒なのでR氏からの再ダイヤルを待つことにしました。

しかしその後R氏からの電話はなく、斉藤さんがかけ直したときにはすでにR氏は外出した後でした。

結局打ち合わせの続きは夜まで待たなければならないことになりました。これに懲りた斉藤さん、今では電話が切れたらすぐに折り返しかけ直すようになりました。

通話中、何かの拍子で電話が切れてしまうということは、案外よくあることです。こうした場合は「かけた方がかけ直す」というのがビジネス電話の原則です。

ですので、仮に相手側のミスなどで電話が切れてしまった場合でも、あなたがかけた電話であれば、相手がかけ直してくるのを待たずに自分から積極的にかけ直しましょう。

第3章 かけるマナー

  1. 用件を整理しておく
  2. 間違えた時は謝る
  3. 会社名と自分の名前を名乗る
  4. 相手の都合を考える
  5. 不在時はこちらの希望を伝える
  6. 途中で切れたらすぐにかけ直す