第3章 かけるマナー

不在時はこちらの希望を伝える

佐々木君の待ちぼうけ

「F社の件、まだ聞いてないのか?」上司の催促に「午前中に一度電話を入れたんですが、担当者が不在だったので...」と答える佐々木君。彼は、ひたすらF社の担当者から折り返しの電話が来るのを待っているのです。

しかし、なかなか電話がかかってこないので退社間際にもう一度電話をしてみると、今度は担当者が直接電話に出てきました。聞けば午後はずっと社内にいたということです。

だったら電話をくれてもいいのにと思いながら、その事を上司に報告すると「折り返し電話が欲しいなら、用件と共にそう伝えるべきだろう」と注意されました。

話をしたい相手が不在の場合には、折り返し連絡が欲しいのか、改めてかけ直した方がいいかをはっきり伝えましょう。

その際に「○○の件で」というような一言も添えておくと、伝言を受けた相手が理解しやすくなるはずです。もちろん、会社名と自分の氏名は忘れずに伝えましょう。

第3章 かけるマナー

  1. 用件を整理しておく
  2. 間違えた時は謝る
  3. 会社名と自分の名前を名乗る
  4. 相手の都合を考える
  5. 不在時はこちらの希望を伝える
  6. 途中で切れたらすぐにかけ直す