第4章 受けるマナー

すぐ出て名乗る

山口君の変身

『電話は女子社員が取るもの』と考えていた山口君。ベルが鳴っても自分は知らぬ存ぜぬを決め込んでいました。

ところがある日、電話が鳴りっぱなしなので、ふとまわりを見渡してみると山口君以外はみんな電話中。しかたなく電話を取ると、それは外出中の上司から電話でした。

「遅いじやないか!」という上司の第一声。山口君は応対マナーの悪さをその場で注意されてしまいました。

反省した山口君は、自宅の電話でも「すぐ出て名乗る」を実践しました。翌日から社内で実行したところ、思わず「ハイ、山口です!」と名乗ってしまいました。ですが、積極性だけは認められました。

電話を受るけときのポイントは「ベルが鳴ったらすぐ出て名乗る」ということにつきます。

ベルは3回以内が鉄則で4回以上待たせてしまったら、名乗る前に必ず「お待たせいたしました。」と一言付け加えるようにしましょう。

もちろん社名を名乗るときは、大きな声ではっきりと。この2つが会社のイメージを大きく左右する事もあるということを忘れないでください。

第4章 受けるマナー

  1. すぐ出て名乗る
  2. 相手の目的を確認する
  3. メモした内容を復唱する
  4. 戻り次第こちらから連絡する
  5. やさしい応対を心掛ける
  6. 苦情電話から逃げない